ヘアアイロンで艶々ストレートにしたい人へ

こちらの記事も必見

ヘアアイロン

ヘアアイロンの基礎知識

ヘアアイロンの選び方が分からない方や、まだアイロンの使い方に慣れていない人はこの記事を読むことで基礎的な知識を知ることができます。ヘアアイロン初心者の方は確認してみましょう。

READ MORE

[PR]

ストレートアイロンなら専門の通販サイトで買うべし!
アレンジを持続できる商品を要チェック!

初めてのヘアアイロンがけ

ヘアセット

ヘアアイロンのかけ方

ストレートヘアにするために、ヘアアイロンの使用法を説明します。ヘアアイロンの大切なポイントは、髪を乾かす・よく梳く・ブロッキングするの3つです。アイロンを使用する前に、1つ目のポイントとして、初めはしっかり髪を乾かすことから始めましょう。髪が濡れているのにアイロンをすることは避けるべきです。ドライヤーで髪を乾かす前にスタイリング剤をあらかじめなじませておくことも重要です。アイロンを始めるタイミングですが、ドライヤーで髪を乾かしてから10分後を目安にしましょう。2つ目のポイントは、よく梳くことです。髪をしっかり乾かしていても髪の毛自体が絡まっているとキレイなストレートヘアを作ることはできません。丁寧に髪を梳くことを忘れないようにします。3つ目の重要ポイントがブロッキングです。ブロッキングとは、髪を分けることをいいます。髪の毛の量が多い方は、ブロッキングを多くするとアイロンをしやすくなります。ブロッキングはできるだけ多い方がアイロンはしやすくなるので、髪の毛が長い方は9ブロックつくることを目安にしましょう。ショートヘアの場合でも上半分はブロッキングできます。この3つのポイントが、アイロン前に知っておきたい重要な確認項目です。この3つのポイントを上手く利用すれば、セルフのアイロンがけでも夜まで長持ちするサラサラでツヤツヤなストレートヘアを作ることができます。

ヘアアイロンの手順

上記のポイントを抑えたら、実際にアイロンを使ってみましょう。アイロンは、基本的に後ろの中心から始めていきます。アイロンをかけていくブロックは、後頭部の下側からサイドにいき、次に後頭部の上側からもう片方のサイドという順番が良いでしょう。アイロンを始める髪の位置ですが、髪の根元にできるだけ近い方が良いでしょう。とはいうものの、根本に近すぎると、段ができる原因にもなるので微妙な位置を探す必要があります。アイロンで髪の毛をはさんだら、髪の根元から真ん中までアイロンを挟みながら、もっていきます。ショートヘアの場合は、そのまま毛先までもっていっても問題はありませんが、ロングヘアの人は一度真ん中で止めた方がキレイに仕上がりやすくなります。真ん中までアイロンをかけて一度止めたあとに、アイロンを再開して、真ん中から毛先までアイロンをもっていくようにします。根元から真ん中、真ん中から毛先までアイロンをした後は、仕上げとして、もう一度根元から毛先までアイロンを滑らせます。この順番を守って全ての部分にアイロンをしていくようにしましょう。全ての部分にアイロンがけを行ったらヘアスプレーをかけましょう。ヘアスプレーをかけることで、ストレートヘアのキープ力が強くなります。ストレートアイロンでも、その使い方次第では、パーマ風にしたり毛先をカールさせることも可能です。ヘアアイロンは、使うごとに慣れていくことでしょう。楽しく使って素敵な髪型を手に入れましょう。

ヘアアイロンのQ&A

ヘアアイロンの価格は?

ヘアアイロンは、安いものだと5000円前後で購入することができますが高いものだと3万円近くするものもあります。価格が高い方が機能が多かったり、よりキレイにストレートヘアを作ることができます。インターネットで検索して、口コミをチェックしてみるのも1つの手です。

広告募集中